「JAの自己改革に関する組合員アンケート」にかかる JA職員をかたった詐欺事件の発生について

現在、JAグループでは、全国の組合員(正組合員・准組合員)の皆様に対して「JAの自己改革に関する組合員アンケート」を行っているところです。

この度、JA職員をかたる者が、「アンケートに応えると還付金がもらえます」と説明し、キャッシュカードを預けるよう求めたり、暗証番号を聞き出すなどして現金を引き出し、だまし取る事案が発生しました。

JA職員が、組合員・利用者の皆様から店舗外でキャッシュカードを預かったり、暗証番号を確認することは絶対にありません。

このような話を耳にしたり、何か少しでも怪しいと感じた場合は、ご利用のJAやお近くの警察署までご一報いただき、十分ご注意いただきますようお願い申し上げます。

 

尚、JA鳥取西部の職員は、組合員様宅の訪問時には、身分証をご提示しております。また、皆様から店舗外でキャッシュカードを預かったり、暗証番号を確認することは絶対にありません。

JA鳥取西部

このカテゴリーの最新記事

ページトップへ