なるなる女性大学第6回カリキュラム ハム作りと魚の三枚おろしに挑戦!

JA鳥取西部は「きらめきはうす」で10月27日、第9期なるなる女性大学第6回講座「ハムつくり&魚のさばき方」を開催しました。魚のさばき方では、㈱鳥取西部ジェイエイショップから講師を招き、受講生らは2つのグループに分かれて調理を楽しみました。

 

ハム作りは、豚肉のかたまりの切り分けからスタート。受講生らは包丁で細かくスジを切り、JA職員のアドバイスを受けながら順調に調理工程をすすめ、ハムつくり専用の機械で丁寧にケーシングに詰めたのち、約70度のお湯で90分間茹でるとピンク色のハムが完成しました。

 

魚のさばき方講座では、講師の実演を見た後、アジの三枚おろしに挑戦。受講生らは、悪戦苦闘しながらも慎重に包丁を入れ、丁寧に工程をすすめていき、三枚におろしたアジは、刺身にしてハムと一緒に各家庭へのおみやげに持ち帰りました。

受講生の1人は「魚をさばくのは苦手だったので、三枚おろしのやり方を一から教わることができて嬉しい」と声を弾ませていました。

なるなる女性大学のページはこちら

このカテゴリーの最新記事

ページトップへ