【そよかぜwebニュース】 2018年10月のトピックス

【ぬいぐるみと人形を供養、ラシュールほうき。合せてJA溝口支所まつりを開催】

人形供養

JA鳥取西部は葬祭会館ラシュールほうきで14日、「人形・ぬいぐるみ供養感謝祭」を初めて開きました。会場には多くの使われなくなったひな人形や五月人形、ぬいぐるみなどが集まり、祭壇に所狭しと並べられていました。法要では、僧侶がお経を上げ、多くの参列者が見守る中、丁寧に人形たちを供養しました。また、隣接する同JA溝口支所では、JAまつりを開き、多くの来場者で賑わっていました。まつりでは、豚汁や焼肉の無料配布や女性会による新鮮野菜などの販売、子供に好評のお菓子のつかみ取りなど、様々な催しで盛り上がりました。

溝口支所まつり

【大山開山1300年祭の年。大山を綺麗に一斉清掃】

ゴミ拾いをする職員

JA鳥取西部大山口支所は10月14日、第83回大山一斉清掃ボランティアに参加した。今年は大山開山1300年の年。いつもよりも綺麗にし、秋の行楽シーズンを迎えようと、ボランティアに汗を流しました。清掃活動では、ゴミ拾いのほか、外来種のセイタカアワダチソウやブタナ(キク科エゾコウゾリナ属の多年草)の駆除も合せて行いました。参加した職員らは「ひとつでもゴミが無くなり、いつまでも綺麗な大山を保ってほしい」と話していました。

 

【秋味覚たっぷり!地域の特産物に長蛇の列】

長蛇の列ができるほど毎年人気の特産の根付の白ネギ販売

JA鳥取西部境港支所は10月13日、支所裏にある農産物直売所JAグリーンさかいみなとの店舗前で、2018JAフェスタを開催しました。特産の白ネギや甘藷など新鮮な農産物販売し、大勢の家族連れが楽しんていました。また、生産者が持ち込み販売する根付の白ネギや大根は約30分で完売するほどの人気ぶりで、温かいうどんの無料ふるまいには、長蛇の列ができ来場者のお腹を満たしていました。

長蛇の列ができるほど毎年人気の大根販売コーナー

 

【今週末開催 第5回農と食のフェスタinせいぶ】

食のみやこ鳥取県西部フェスタ連絡協議会はJA鳥取西部本所で10月12日、「第5回農と食のフェスタinせいぶ」の総決起大会を開きました。実施する催事の内容等について協議、確認を行いました。「今年のフェスタは、大山開山1300年祭クライマックスイベントの大山ワンダーフォーラムも同時開催し、さらに大規模なイベントになっています。多くの方にご来場いただき、農と食の魅力を存分に堪能してほしい」。フェスタは、10月20日と21日の両日、10時から16時。(21日15時まで)会場は米子コンベンションセンターを中心に米子市文化ホール、米子駅前などで開きます。

 

【選ばれる産地へ ストック部会が出荷打ち合わせ会】

ストック打合せ

JA鳥取西部ストック部会はJA中山支所で10月9日、2018年産ストックの出荷打ち合わせ会を開きました。会では、2018年産の出荷計画や出荷取扱などを確認しました。また、早期販売による顧客の囲い込みを行い、品質管理を徹底し、選ばれる産地を目指します。

 

【江府小の生徒が農業施設の見学を通して郷土学習】

=低温米倉庫を見学する児童

JA鳥取西部江府支所は10月5日、日野郡江府町江尾の町立江府小学校の生徒に、地元の農業を守る事の大切さと農家と関わるJAの仕事を知ってもらうことを目的にした郷土学習を実施しました。今回は、3年生18人が管内のJA農機自動車センターを訪れた後、低温米倉庫や牛舎、白ネギの圃場など6ヶ所の農業関連施設を巡り、JA担当職員や生産者から仕事をする上で大切にしている話などを聞いた児童らは、熱心にメモを取っていました。また、低温米倉庫で、米袋がフォークリフトで運ばれる作業を見学した児童らは、驚いた様子を見せ拍手と歓声を上げていました。

ネギ畑を見学

 

【有利販売へ秋冬ブロッコリー取引協議会を開く】

2018ブロ大会

JA鳥取西部は10月2日、2018年産秋冬ブロッコリー取引協議会を開きました。18年産初夏どりブロッコリーの販売実績や市場情勢などを報告し、18年産秋冬ブロッコリーの生産出荷計画や有利販売に向けた取り組みなどを確認しました。JA組合長は「大山ブロッコリーはGIの登録申請中で、周知性、著名性の向上につなげていきたい。また、JGAPへ取組み、選ばれる産地ブランドを作っていく」と話しました。

説明する大阪市場流通課

 

【甘さ!なめらかさも最高の「輝太郎柿」感謝を込めた奉納式】

妖怪神社で祈願

境港市の水木しげるロード内の「妖怪神社」で10月3日、「輝太郎」の販売向上を目指して奉納式を行いました。柿のトップバッターの「輝太郎柿」は、平均300グラムほどの大玉で糖度も高く、なめらかな食感と上品な甘さが特徴です。今年は天候に恵まれて順調に生育し、大玉で最高の食感と甘さに仕上がっています。農産物直売所アスパルで販売もスタートしました。ぜひ多くの方に美味しさを味わっていただきたいです。

また、奉納式の後には、妖怪神社の参拝客に輝太郎の試食をふるまいました。

観光にきた親子に輝太郎を手渡す

【そよかぜwebニュース】 2018年9月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年8月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年7月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年6月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年5月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年4月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年3月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年2月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年1月のトピックス

このカテゴリーの最新記事

ページトップへ