【女性会だより】あなたも私もみんなが主役「輝きweb」2022年9月号

【3年ぶりの交流会で地域の魅力を再発見】

JA鳥取西部女性会は9月28日、地域の農業を守り、学びながら交流を図ることを目的にした恒例の地域内交流会を実施しました。コロナ禍で2019年を最後に中止しており、3年ぶりの開催。今年度は同会米子みのかや支部がおもてなし役を務め、同支部管内の施設等を巡り、地域の魅力を学びました。JA農産物直売所「ふれあい村アスパル」を訪れ、店長が施設の概要や名前の由来、アスパルオンラインショップについて説明。最後には買い物を楽しみ、地産地消への理解を深めました。

 

【トークショーで放送局の裏側学ぶ】

JA鳥取西部女性会米子南支部は9月27日、JA米子南支所で気象予報士さんらを迎え講演を聞きました。普段見ることのできない放送局の裏側やスタジオ内や仕事風景を紹介し、気象予報士についてクイズを交えながら、楽しいトークで参加者を楽しませていました。質問コーナーでは「ヘクトパスカルや降水量の予測はどうやっているのか」や「今年の冬は暖冬か」などの質問があっていました。

 

【映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」 女性会員らが鑑賞】

JA鳥取西部女性会米子南支部は9月21日、JA米子南支所で映画鑑賞会を開き、映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」を上映しました。映画を鑑賞した参加者は「感動した。今までは介護する側だったけど、これからは介護される側。参考になることがたくさんあった」と話し、主人や家族にも見てほしいとの声が多くあがりました。

 

【玉ねぎ栽培管理講習会 JA女性会溝口支部】

JA鳥取西部女性会溝口支部は9月14日、JA溝口支所で玉ねぎの栽培・管理講習会を開きまいした。参加者らは自宅用や同町の学校給食用に玉ねぎを栽培。玉ねぎの播種から収穫、貯蔵までの管理を学びました。講師は播種の時期は必ず守ることや、病害を減らすためには定期的な防除が必要であることを参加者らに呼び掛けました。

 

【みつろうラップで環境に優しく フレッシュミズの会】

JA鳥取西部フレッシュミズの会は9月13日、「きらめきはうす」で手芸教室を開きました。「家の光」9月号の記事を活用し「みつろうラップ」を制作しました。会員らは好みの木綿布にアイロンでみつろうを溶かし、いろいろな大きさのラップを完成させていました。フレッシュミズの会長は「調べているとみつろうラップはプラスチック製品の削減につながることが分かった。ささいなことだけど、楽しくサステナブルな活動をしていきたい」と話した。

 

女性会のページはこちら

 

お問い合わせ先 〒689-3553 鳥取県米子市東福原1-5-16
JA鳥取西部 生活部 女性会担当
TEL:0859-37-5880

このカテゴリーの最新記事