【女性会だより】あなたも私もみんなが主役「輝きweb」2020年12月号

【福祉施設などへ米や果実をおくる】

 

JA鳥取西部女性会の会見支部、大山支部、中山支部は12月末、ボランティア活動「米ひと握り運動」で、福祉施設や保育園に地域貢献活動の一貫であつめた、米や果物などを贈りました。

 

【女性会が米と気持ちを持ち寄りDV被害者支援。】

JA鳥取西部女性会は米子市のJA本所で12月29日、ボランティア活動「米ひと握り運動」で、DV(配偶者の暴力など)に悩む人を支援する「DV被害者支援ネットワーク鳥取」に同女性会の米子中央支部、米子南支部、米子みのかや支部が米約100キロを集め、支援米として贈りました。

 

【正月に向けフラワーアレンジメント】

JA鳥取西部女性会岸本支部は12月29日、岸本支所で正月に向けたフラワーアレンジメント教室を開きました。松や千両、葉ボタンのほか冬の寒さに強いピンク色のシンビジウムやオンシジウムなど9種類の季節の花でアレンジメントに挑戦しました。

 

【お試し会員 親子でパン作り】

JA鳥取西部女性会日南支部は12月25日、米子市の同JA特産物加工・産地交流会館「きらめきはうす」で女性会の活動を知ってもらおうと『親子でパン作り教室』を開きました。2組の親子と会員4人が参加し、交流を深めた。

 

【フラワーアレンジメントで正月準備を】

JA鳥取西部女性会日吉津支部は12月25日、日吉津村のヴィレステひえづでフラワーアレンジメント教室を開きました。松や葉牡丹、ガーベラ、菊など正月にぴったりの植物でアレンジメントに挑戦しました。

 

【一足早くお正月の寄せ植え教室】

JA鳥取西部女性会米子弓浜支部(写真上)は12月16日、お正月の寄せ植え教室を開きました。参加者は「ガーデンシクラメンは深く植えすぎないように」と注意点を聞き、鉢に底石と土を入れ、アリッサムやプリムラジュリアン、ビオラに正月に飾ると縁起の良い葉牡丹など8種類の植物を組み合わせました。(写真下)12月19日、JA日南支所でフラワーアレンジメント講習を行いました。

 

【HACCPに沿った衛生管理を実施】

JA鳥取西部は12月11日、食品衛生法改正により、義務化される危害分析重要管理点(HACCP)制度の施行に向けた研修開き、JA女性会会員と担当者らが参加しました。直売所や加工施設などが制度の対象となり、今後各部署の実態を把握し、HACCPに沿った衛生管理を行います。

 

【米一握り運動 多くの農産物を寄付】

JA鳥取西部女性会は毎年『米一握り運動』に取り組んでおり12月8日、伯耆町社会福祉協議会に約50キロのお米を贈った。12月9日には、米子弓浜支部が児童養護施設「米子聖園天使園」に、野菜とお米、施設で使えるタオルや洗剤を贈りました。

 

【こんにゃく・クリスマスカード作成】

JA鳥取西部女性会中山支部は12月1日、JA中山支所で「さくらがま口の開運財布」を作りました。参加者は、手のひらサイズのがま口財布を完成させ、ふっくらとした形に仕上がったがま口財布は、カードも収納でき、ちょっとした買い物に最適と好評でした。

 

女性会のページはこちら

このカテゴリーの最新記事

ページトップへ