≪プレスリリース≫ JGAPの大山ブロッコリーを学校給食に提供のお知らせ

PRESS RELEASE     JA鳥取西部

令和2年5月1日

報道関係各位

JGAPの大山ブロッコリーを学校給食に提供のお知らせ

 

平素より格別のご高配をいただき厚くお礼申し上げます。

さて、大山ブロッコリー生産者(大山町管内3件)が、昨年12月にJGAPの認定を受け、本年7月の2020東京オリンピック、パラリンピックの食材として、「冷凍大山ブロッコリー(オリンピックは夏季であり、もともと大山ブロッコリーがないため冷凍保存)」を供給するよう進めてまいりましたが、ご承知のとおり2020東京オリンピック、パラリンピックは延期となったことで、高品質な安全安心な「冷凍大山ブロッコリー」が残ることとなりました。

そこで、このたび管内の特産品である大山ブロッコリー(冷凍)を、小・中学校の学校給食に提供することと致しました。

つきましては、趣旨をご理解いただき、時間のご都合がつきましたら取材について、格別のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

尚、提供先が小中学校であり、事前に学校への届け出をするため、取材をご希望するメディアの方は下記に、ご連絡いただきますようお願いいたします。

また、コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、取材時につきましては、マスクの着用、手洗いやアルコール消毒、3密の回避をお願いしたく存じます。

 

【概要】

  1. 日時    令和2年5月13日(水)  12時00分から
  2. 場所    大山町立 中山中学校 ランチルーム

※子ども達には、JGAPのブロッコリーも提供予定

 

  • 今後の展開・・・大山町内の小中学校・保育所・保育園など9箇所(中山中学校含む)に計56キロを提供予定。9月には米子市の学校にも提供予定。

 

【 この件に関する問い合わせ先 】

JA鳥取西部 特産園芸課 電話番号 0859-37-5813

このカテゴリーの最新記事

ページトップへ