≪プレスリリース≫大山町で初めて3農家がJGAP個別認証取得のお知らせ

PRESS RELEASE     JA鳥取西部

2020年1月10日

報道関係各位

大山町で初めて3農家がJGAP個別認証取得【お知らせ】

 

平素より格別のご高配をいただき厚くお礼申し上げます。

大山町の大山ブロッコリー生産者3戸が、農産物の安全性などを管理するGAP(ギャップ、農業生産工程管理)の国内認証「JGAP」の個別認証を取得しました。

JA鳥取西部では、大山ブロッコリーについて2012年6月に特許庁の地域団体商標、2018年12月に農林水産省の地理的表示(GI)保護制度を取得。その上、GAP推進による安全・安心な生産体制確立を目的に掲げるとともに、JGAP個別認証を取得し、東京オリンピック・パラリンピックへの食材調達基準の要件を満たすことで、「大山ブロッコリー」のブランド力強化に取り組んでまいりました。

この度は、特段、日時を設定しての報告会など予定はいたしておりませんが、大山町で初めてのJGAP取得ですので、可能でしたら取材していただきたく思います。

尚、趣旨をご理解いただき、取材の場合は、下記までご連絡ください。関係生産者と日程調整等させていただきます。よろしくお願い申し上げます。

 

【JGAP認定者】

  1. ㈱齋藤農園(11月22日付)旧名和町
  2. 中原さん(12月2日付)旧名和町
  3. ㈱andAgri(12月19日付)旧中山町

 

【参考】JGAP協会 WEB http://jgap.jp/index.html

※認証農場検索②で鳥取県を検索すると10件表示されます。

(㈱齋藤農園は表示あり、他2件は今後掲載される予定)

【 この件に関する問い合わせ先 】

JA鳥取西部 営農部 特産園芸課 電話番号 0859-37-5813

このカテゴリーの最新記事

ページトップへ