【女性会だより】あなたも私もみんなが主役「輝きweb」2019年9月号

【フレミズ会員が育てたサツマイモを収穫】

JA鳥取西部フレッシュミズの会は9月29日、サツマイモの収穫作業を行いました。収穫した約200キロのサツマイモは、10月20日市内の米子コンベンションセンターなど周辺で開催される第6回農と食のフェスタでサツマイモの量り売りや豚汁などを販売し同会活動をアピールします。

 

【郷土料理のいただき作りを楽しむ】

JA鳥取西部は「きらめきはうす」で9月20日、組合員や一般を対象にした料理教室を開催しました。今回は、弓浜半島で伝承料理として親しまれる「いただき作り」を学び、昔からお母さんの味として行楽のお弁当でも活躍する郷土料理作りの魅力に触れました。

 

【防災手拭いで作るミニバッグ作りで意識を高める】

JA鳥取西部女性会米子南支部は9月19日、今月の防災の日にちなんで、家の光に掲載された「防災手拭い」キットで作るミニバッグ作り教室を実施しました。防災ミニバッグ作りを通し、いざという時に役立つ災害への非常持ち出し袋の必要性などへ理解を深めました。

 

【虹の会の支部活動でいきいきふれあいサロンを実施】

JA鳥取西部助けあい組織虹の会、米子弓浜支部は9月18日、地域のボランティアひまわりの会と地元の高齢者を対象にした「ふれあいいきいきサロン」を開きました。参加者に無理なく思い思いのペースで楽しめる健康体操を伝え、地域を見守るボランティア活動を行いました。

 

【JA施設や郷土の産業を学び交流の輪を広げる】

JA鳥取西部女性会は9月11日、地元の良さを広く学びながら交流を図ることを目的にした恒例の地域内交流会を実施しました。管内のJA施設や地場産業などを巡り地域の魅力を学び、地元の旬の農産物を取り入れた秋の味覚の弁当を堪能しました。

 

【スポレク大会で防災にも役立つ競技で気持ちをひとつに!】

JA鳥取西部女性会は米子市の産業体育館で9月3日、親睦を目的にした恒例のふれあいスポレク大会を開催しました。今回の8種目の競技には、今月の防災の日にちなみ、女性会本部役員らが消火活動をイメージして考案した「バケツリレー」が初登場。火に見立てたコーンめがけ消火する早さを競い合う防災訓練さながらの初競技に、選手も応援する人も会場は大いに盛りあがりました。

 

女性会のページはこちら

このカテゴリーの最新記事

ページトップへ