こどもあぐりスクール生が作った「手づくりかかし」を設置しました!

 

JA鳥取西部は7月31日、伯耆町丸山のふれあい交流田に、こどもあぐりスクール生が作ったオリジナルのかかし4体をJA職員らによって設置しました。かかしを設置したJA担当者は「子ども達が一生懸命作った個性的なかかしが立派に役割を果たし、鳥獣からお米を守ってくれるはず」と笑顔で話していました。

 

こどもあぐりスクールのページはこちら
農と食のフェスタのページはこちら

このカテゴリーの最新記事

ページトップへ