【女性会だより】あなたも私もみんなが主役「輝きweb」2019年5月号

【日南町産の米粉を使った伝統的なちまき作り教室を開催】

JA鳥取西部は5月29日、「きらめきはうす」で地域住民も参加できる料理教室を開きました。今回は、この時期地域で端午の節句に合わせ子どもの健康な成長を願って作る伝統的なちまき作りを通し、地産地消へ理解を深めました。

 

【女性会で車椅子を押すボランティア活動を実施】

JA鳥取西部女性会岸本支部は5月23日と28日、とっとり花回廊で来園者の車椅子を押すボランティア活動に参加しました。とっとり花回廊は全園バリアフリーの設計で通路も広く、ほとんど段差は無いが、敷地が広く車椅子の方が一人で回るには大変で、バラ園まで車椅子を押すボランティアを長年継続したている。

 

【やさしい味が毎回好評!地元産大豆の手作り豆腐】

JA鳥取西部女性会大山支部は大山ふれあいセンターの加工場で5月27日、手作り豆腐を作りました。大山町産の大豆5キロをふかし、ひしゃくで潰し機に入れ大鍋で煮てゆっくりにがりを流し入れるなど手順に沿ってひとつひとつ丁寧に作業を行いました。

 

【フレミズ会員がサツマイモの苗植えに挑戦】

JA鳥取西部フレッシュミズの会は5月25日、サツマイモの苗植えに挑戦し交流を深めました。参加者らは、あらかじめ張られたマルチに穴をあけ1本ずつ植え方を教わりながら丁寧に定植。およそ1時間で準備した苗150本の植え付けに汗を流しました。

 

【令和も盛況「にこにこ朝市」】

5月15日、地元の採れたての野菜や花き、果物などを、JA女性会日野支部の朝市グループがお値打ちに販売する「にこにこ朝市」がJA鳥取西部日野支所駐車場で、今シーズンも始まりました。フキ、ワラビなど旬の山菜やキャベツ、小松菜、カブの朝どれ野菜や季節の花々のほか、作りたてのあん餅などの加工品も並んでいました。

 

【米子中央支所女性会 車尾支部が会員同士の交流】

JA鳥取西部米子中央支所女性会の車尾支部は、きらめきはうすで5月10日、この時期恒例の「ゴキブリ団子作り」を行いました。手際よく団子が出来上がると、女性会員の指導のもと好みの布地を使った「巾着袋作り」を和気藹々楽しみ、会員同志の交流を深めました。

 

【女性会対話集会を開催】

JA鳥取西部は本所で5月8日、JA常勤役員、同JA子会社役員と女性会役員やフレッシュミズ会長、組織代表理事との対話集会を開きました。会では「JA自己改革」「仲間つくり」「JAへの参画」の3項目をテーマにグループで分散討議を実施し、女性会員の獲得やJAへの要望など女性会組織と地域の活性化に繋げる様々な意見が交わされました。

 

女性会のページはこちら

このカテゴリーの最新記事

ページトップへ