新着情報

【そよかぜwebニュース】 2018年7月のトピックス

【涼しげな浴衣で窓口対応】

JA鳥取西部会見支所は7月31日、信用、共済の各担当職員が涼しげな浴衣姿で窓口業務などを行いました。同支所管内で開催される伝統的な天萬神社の夏祭りの日にあわせ、来店客へ夏の風物詩を伝えようと浴衣対応しました。

浴衣姿で窓口対応するJA会見支所
浴衣姿で窓口対応するJA会見支所

 

【早生品種「夏さやか」「ハウス二十世紀」出番】

JA鳥取西部米子果実選果場で7月29日、梨の出荷が本格的に始まりました。7月29日は「夏さやか」、8月1日は「ハウス二十世紀」、8月3日には「幸水」が始まり、同選果場は本格的な梨の出荷シーズンを迎えます。

選果員が梨を選果します
選果員が梨を選果します

みずみずしい梨にしあがってます
みずみずしい梨にしあがってます

 

【ブロッコリー部会青年部 病害虫について学ぶ】

JA鳥取西部ブロッコリー部会青年部は7月30日、スキルアップセミナーを開きました。アブラナ科の主な病害虫の対策や、ヨトウムシの見分け方などの講義がありました。

ブロッコリースキルアップセミナー
ブロッコリースキルアップセミナー

 

JA万灯夜空に掲げ咲き競う

JA鳥取西部青壮年部は7月28日、鳥取県米子市の夏の風物詩「第45回米子がいな祭」万灯パレードに、青壮年部の「JA万灯隊」とJA女性職員らのチーム「こまち万灯隊」を組織し参加しました。こまち万灯隊は、おんな万灯の中で最優秀賞の栄冠に輝きました。

IMG_910400 IMG_685200
IMG_687800 IMG_689900
IMG_937500 IMG_938000

 

【若葉55会などが白ネギ若手生産者交流研修会を開催】

若手の白ネギ生産者で組織するJA鳥取西部白ネギ部会若葉55会などは7月26日、県下白ネギ若手生産者交流研修会を開きました。圃場視察など作業効率を良くするための工夫や日々の管理法を学びました。

圃場を視察する参加者
圃場を視察する参加者

 

【名和・大山ブロッコリー部合同生産者大会を開催】

JA鳥取西部の名和・大山口支所ブロッコリー部は合同生産者大会を開きました。会では、優秀生産者の表彰や研修会を行いました。

研修会の様子
研修会の様子

 

【改良協会50周年、つなぐをテーマに座談会】

鳥取県白ねぎ改良協会は7月20日、協会設立50周年記念誌の発刊作業の一環として、記念座談会を開きました。座談会では数々の出来ごとを振り返り、伝統の継承や産地発展など今後の課題について語り合いました。50周年記念大会は11月8日、米子市文化ホールで行う予定です。

産地の飛躍について語る座談会
産地の飛躍について語る座談会

『つなぐ』をテーマに、語る座談会
『つなぐ』をテーマに、語る座談会

 

【JA鳥取西部肥育部が発足10周年 記念祝賀会を開く】

JA鳥取西部肥育部は7月24日、同部発足10周年を祝い、記念祝賀会を開きました。10年間の歩みをスライドで振り、祝宴で鳥取和牛を使用した「サーロインステーキ」や「炙り寿司」などの特別コースを堪能した。

鳥取和牛に舌鼓を打つ
鳥取和牛に舌鼓を打つ

サーロインステーキ
サーロインステーキ

 

【省力化へ手ごたえ 農業用ドローン実演会】

JA全農とっとりとJA鳥取西部は7月20日、農業用ドローンの実演会を開きました。実演会は2種類のドローンで水散布の実演を行い、農作業用ドローンの動きや費用などを確認し、今後の活用に向けて理解を深めました。

農作業用ドローン
農作業用ドローン実演

ドローンを操縦するメーカー担当
ドローンを操縦するメーカー担当

 

【日南トマトの出荷が本格化 出発式を開く】

日南町生山の日南トマト選果場で7月19日、これから本格的なシーズンを迎える日南トマトの出発式を行いました。式には、地元のにちなん保育園から15人の園児らも駆けつけ、テープカットやバルーンリリース、トマトジュースでの乾杯を行いました。

目合わせを行い、出荷規格を確認
目合わせを行い、出荷規格を確認

本格的なシーズンを迎えた日南トマト
本格的なシーズンを迎えた日南トマト

 

【農業女子がトラクタ講習会で安全を】

鳥取県県西部在住の農業女子を対象に初心者向け農業機械セミナーが7月19日、JA鳥取西部広域育苗センター付近で開催されました。講習会では、トラクターの基礎知識や安全な操作や点検などスライドや実演を通し、事故未然防止の大切さを学びました。

研修を受ける農業女子
研修を受ける農業女子

操作を学ぶ農業女子
操作を学ぶ農業女子

【夏秋ピーマン出荷打ち合わせ会で目合わせ】

JA鳥取西部ピーマン部会は7月18日、夏秋ピーマンの出荷打ち合わせ会を開きました。ピーマンの生育状況や市場情勢などを報告し、目合わせや出荷規格を順守することなどを確認しました。

ピーマンの目合わせ
ピーマンの目合わせ

 

【スタントが事故現場再現 自転車交通安全教室】

JA鳥取西部とJA共済連鳥取は鳥取県立米子南高等学校で7月17日、鳥取県警察本部や米子警察署と連携して自転車交通安全教室を開きました。スタントマンらが危険な自転車走行を実演し、交通ルールを守ることの大切さを呼び掛けました。

スタントマンによる交通事故の再現
スタントマンによる交通事故の再現

危険な2人乗りを実演
危険な2人乗りを実演

 

【熱く燃えた「むてきカップ」!元気はつらつ好プレー】

JA鳥取西部は伯耆町総合スポーツ公園野球場で7月14と15日の両日、「第7回JA鳥取西部杯学童軟式野球大会(JA共済むてきカップ)鳥取県西部地区予選」を開きました。選手たちは夏空の下、はつらつと元気なプレーで好試合を繰り広げました。

IMG_738700白球追い児童熱戦 IMG_828100優勝=会見スポーツ少年団(南部町)

▽準優勝=岸本八郷スポーツ少年団(伯耆町)

▽3位=成実少年野球クラブ(米子市)、五千石・尚徳スポーツ少年団(米子市)

◆◆◆ むてきカップのページはこちら

 

【なるなる女性大学でスイートコーンの収穫体験に挑戦】

JA鳥取西部なるなる女性大学は7月14日、今が旬で大きく実り甘みが詰まったスイートコーンの収穫体験に挑戦しました。

なるなる女性大学のページはこちら

スイートコーンの収穫を楽しむ受講生ら
スイートコーンの収穫を楽しむ受講生ら

収穫適時のスイートコーンを教えてもらう受講生
収穫適時のスイートコーンを教えてもらう受講生

 

【こどもあぐりスクールで花の観察と寄せ植え体験】

JA鳥取西部はとっとり花回廊で7月14日、こどもあぐりスクールを開きました。スクール生の親子らは、園内を散策し、用意された画用紙と色鉛筆で気に入った花を見つけて真剣な表情で描いていました。

こどもあぐりスクールのページはこちら

真剣な表情で花の絵を描くスクール生
真剣な表情で花の絵を描くスクール生

楽しく寄せ植えをするスクール生親子
楽しく寄せ植えをするスクール生親子

 

【農機サマードリーム盛大に開催】

JA鳥取西部は7月14日と15日の両日、農業機械の展示会「黄金の農機サマードリーム2018」を開きました。会場では飲食ができる屋台コーナー、フルーツ食べ放題のほか来場記念品の玉子、GABA米を使ったカレーライスなどで来場者をもてなしました。

展示品の農業機械の性能を確認する来場者
展示品の農業機械の性能を確認する来場者

 

【アスパル来場者1000万人突破】

JA鳥取西部は7月13日、ふれあい村アスパルが平成14年3月のオープン以来、来場者が1000万人を突破したことを祝い記念イベントを開きました。

くす玉を割る1000万人目のお客様ら
くす玉を割る1000万人目のお客様ら

鉢植えプレゼント
鉢植えプレゼント

すいかの振る舞い
すいかの振る舞い

花束プレゼント
花束プレゼント

 

【梨・柿新品種生産拡大へ 果実出荷販売協議会】

JA鳥取西部は7月11日、2018年度果実出荷販売協議会を開きました。協議会では、梨や柿の生育状況、市場情勢などを報告しました。また、生産販売方針や生産計画を確認し、産地と市場関係者の意見交換を行いました。

果実販売協議会の様子
果実販売協議会の様子

 

【活発な意見交換を行う 西部地区集落営農法人連絡協議会】

西部地区集落営農法人連絡協議会は7月10日、代表者や行政、農業共済、JA関係者などと情報・意見交換会を開きました。省力化やコスト低減、増収対策などの取り組み状況や後継者の問題、農地集約確保、経営管理の課題などについて活発な意見を交わしました。

情報・意見交換会の様子
情報・意見交換会の様子

 

【松林の再生復興へ JA鳥取西部がボランティア】

JA鳥取西部は「白砂青松」ボランティア活動の一環として7月9日、弓浜半島国道431号沿いの松林、約40アールの清掃活動を行いました。

生い茂った草を刈る職員
生い茂った草を刈る職員

ゴミ拾いする職員ら
ゴミ拾いする職員ら

 

【クリニックの縁日でキャラクター風船配布。】

JA鳥取西部は7月7日、米子こどもクリニックで開かれた縁日に参加し、JA共済をPRしました。来ていた子どもたちは、アンパンマンの風船に笑顔を見せていました。

縁日で共済PR
縁日で共済PR

 

【JA職員が心ひとつにオールを漕いで!市民レガッタ大会に挑戦】

JA鳥取西部岸本支所共済課の職員が7月7日、「第50回米子市民レガッタ記念大会」のミックス部門に初出場しました。休日に練習を重ね息を合わせ、オールを漕ぎきりました。

熱戦を繰り広げたレガッタ
熱戦を繰り広げたレガッタ

 

  【農産物直売所アスパル。初の七夕市7と8日】

JA鳥取西部農産物直売所ふれあい村アスパルで7、8日、初めての七夕市を開きました。色とりどりの七夕飾りをイベント広場に設置し、来店者の目を楽しませた。また、赤や青、紫、白など色鮮やかな蕾を付けた、行燈づくり朝顔の鉢植えを並べていました。

短冊に願いを書き飾る兄弟
短冊に願いを書き飾る兄弟

綺麗なアサガオ
綺麗なアサガオ

 

【就業を目指す60歳以上を応援!刈払機安全衛生教育講習会を開催】

鳥取県シルバー人材センター連合会が中央営農センターで7月6日、県西部在住の60歳以上を対象に、農作業で必須な刈払機安全衛生教育講習会を開きました。農機自動車部長が講師となり、事例を紹介しながら刈払機の操作や点検方法を話しました。

刈払機の安全な操作や点検方法を話す
刈払機の安全な操作や点検方法を話す

 

【大山ワンダーフォーラムをPRするPOPが完成】

食のみやこ鳥取県西部フェスタ連絡協議会は、10月20日と21日に米子市末広町の米子コンベンションセンターをメイン会場に開く「大山ワンダーフォーラム」を盛り上げようと、四角すいのPOPを製作しました。各所に飾らていますので、ぜひご覧ください

事務所に飾られたPOP
事務所に飾られたPOP

 

【JA改革推進課が准組合員向けのチラシを製作】

JA鳥取西部改革推進課は、准組合員向けの事業説明チラシ「そよかぜだより夏号」を製作しました。チラシは、JAの取り組みや事業紹介を簡潔に記載し、裏面は各種イベントなどの紹介も行います。

事業説明のチラシ紹介
事業説明のチラシ紹介

 

【日南トマト 11日から選果開始】

JA鳥取西部日南トマト生産部は7月4日、2018年産日南トマトの出荷会議を開きました。日南トマトは11日から選果がスタートし、19日には出発式が予定されています。

日南トマト出荷会議
日南トマト出荷会議

会の様子
会の様子

 

【地元の中学生が白ネギ選果場で職場体験!】

JA鳥取西部白ネギ共同選果場で7月3~5日の3日間、米子市立弓ヶ浜中学校の2年生が、職場体験学習「わくわく弓ヶ浜」を行いました。生徒らは、規格ごとに箱詰めした白ネギの箱をガムテープで貼る作業や白ネギの皮はぎ機作業に挑戦しました。

皮はぎ機の作業に挑戦する中学生
皮はぎ機の作業に挑戦する中学生

箱詰め作業する生徒
箱詰め作業する生徒

 

【スイートコーン 甘味十分 目合わせで出荷規格確認】

JA鳥取西部は7月2日、出荷が始まったスイートコーンの目合わせ会を開き、出荷規格などを確認しました。今年産は天候に恵まれ、十分な甘味のスイートコーンに仕上がっています。

出荷規格を確認
出荷規格を確認
【そよかぜwebニュース】 2018年6月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年5月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年4月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年3月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年2月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年1月のトピックス
  • JAバンクローン
  • 便利なJAネットバンクをご紹介します。
  • JAバンクメールオーダーシステム
おすすめサイト
  • JA自己改革
  • お米の可能性が広がる!無洗米GABA(ギャバ)ライス
  • アスパルせいぶFacebookページ
  • 鳥取県で農業を始めてみませんか?
  • JAバンク鳥取
  • JAグループ鳥取
  • JA直売所へ行こう!JAカードのご利用で5%OFF
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 耕そう、大地と地域のみらい。
  • JA全中 あぐり村
  • JA共済
  • JAバンク
  • 日本農業新聞
このページの先頭へ