新着情報

【そよかぜwebニュース】 2018年5月のトピックス

【自慢の「春ニンジン」 出荷に向けてすくすく】

JA鳥取西部人参部会は鳥取県園芸試験場弓浜砂丘地分場で5月31日、春ニンジンの出荷の打ち合わせ会を開き、初出荷日を13日に決めました。

試験品種の生育確認
試験品種の生育確認

春ニンジンの試験品種抜き取り
春ニンジンの試験品種比較

 

【管内記事を集中掲載 4日にミニ移動編集局を開局】

JA鳥取西部は5月29日、JA広報活動と日本農業新聞の果たす役割理解や意思統一を図るため、「一日日本農業新聞大会」を開きました。また、6月4日から8日まで同JA本所内にミニ移動編集局を開局し、管内記事の集中掲載を行うことを確認しました。

情勢報告する農業新聞
情勢報告する農業新聞

【西部産米改良協会通常総会】

西部産米改良協会は5月29日、通常総会を開きました。今年はGABA米製造施設をフル活用し、農産物直売所「ふれあい村アスパル」を始め、京阪神や広島、首都圏などでの販売や商談を積極的に行っていく。

総会の様子
総会の様子

 

【南部町農業再生協議会が総会】

南部町農業再生協議会は5月28日、2018年度総会を開きました。水田フル活用ビジョンを制定し、地域の発展及び特色ある地域農業の展開に取り組みます。

総会の様子
総会の様子

 

【食のみやこ鳥取県西部フェスタ連絡協議会総会】

5月28日、食のみやこ鳥取県西部フェスタ連絡協議会は、10月20日と21日に開催する「第5回農と食のフェスタinせいぶ」の総会を開きました。フェスタは、大山開山1300年祭を締めくくるクライマックスイベント「大山ワンダーフォーラム」と同時開催し、米子コンベンションセンターをメイン会場にJR米子駅周辺を農と食で埋め尽くします。

総会であいさつする会長
総会であいさつする会長
農と食のフェスタのページはこちら

 

【こどもあぐりスクール生が参加 米フェスタ2018で田植え体験】

JA鳥取西部などで構成される米フェスタ実行委員会は5月27日、おいしい米づくりにトライ!親子田植え体験を行いました。JAこどもあぐりスクール生も参加し、泥だらけになりながら笑顔で作業に取り組んみました。

IMG_1321田植えをするあぐりスクール生 IMG_0943横に並んで手植えしました
あぐりスクールのページはこちら
第2回のカリキュラムのページはこちら

 

【ラッキョウ初出荷!岡山、京阪神へ向けて】

JA鳥取西部は5月24日、ラッキョウの初出荷が始まり目合わせ会を行いました。根付と洗いの2種類を大きさをしっかり揃えて箱詰めすることなどを確認しました。出荷は6月中旬まで続き、農産物直売所アスパルでや岡山、大阪の市場へ送られます。

出荷用のラッキョウを手に取り大きさなどを確認
出荷用のラッキョウを手に取り大きさなどを確認

出来栄えを確認します
出来栄えを確認します

 

【JA鳥取西部年金友の会が協議会を開く】

JA鳥取西部はANAクラウンプラザホテルで5月23日、第24回JA鳥取西部年金友の会協議会を開きました。会員数拡大に向けて、各支所での年金相談会の実施などPRをします。

協議会の様子
協議会の様子

 

【大山開山1300年祭本格開幕の前に記念料理でおもてなし】

伯耆国「大山開山1300年祭」の開幕を盛大に祝おうと19日、米子コンベンションセンターで「オープニングバーティー」が開かれ、JA鳥取西部大山ブロッコリー料理研究会などが記念料理を、参加者にふるまいました。イベントの集大成は、10月20日、21日の「農と食のフェスタ」と一体開催する「大山ワンダーフォーラム」で、大山の魅力を包括します。

参加者に大山ブロッコリーの肉巻きをふるまう料理研究会
参加者に大山ブロッコリーの肉巻きをふるまう料理研究会

大山フブロッコリー肉巻き
大山フブロッコリー肉巻き

 

【アグリスクール開校。ちから合せてかかし作り。】

JA鳥取西部は5月19日、子どもたちに農や食に親しみをもってもらおうと、第7期「こどもあぐりスクール」が開校し、JA管内の2年生以上の小学生を対象41人が参加しました。

IMG_0572かかしの骨組み作業するスクール生と担任
あぐりスクールのページはこちら
第1回のカリキュラムのページはこちら

 

【地域農産物の旬な情報はアプリで知る時代。】

JA鳥取西部農産物直売所ふれあい村アスパルは5月17日、スマートフォン専用アプリ「JA旬みっけ」店頭掲示用の三角POPを作成し、登録者拡大を目指しています。旬の農産物や直売所のイベント情報、JAの発行する広報誌などがスマホで確認できますので、ぜひご登録ください。

作成設置したレジ前のPOP
作成設置したレジ前のPOP
JA旬みっけ!の登録方法などは、こちらでご確認ください

 

JA鳥取西部人参部会が総会

JA鳥取西部人参部会は5月17日、第21回総会を開きました。18年度は品種を「愛紅」に切り替え、良品質・良食味の生産を目指します。

にんじん部会総会の様子
にんじん部会総会の様子

 

【地元の中学生が直売所で職場体験】

JA鳥取西部農産物直売所ふれあい村アスパルで5月15日から3日間、米子市立福生中学校2年生が職場体験に訪れました。接客業務の体験や売り場に陳列する作業を行っていました。

店長の説明を受ける生徒
店長の説明を受ける生徒

陳列作業を体験
陳列作業を体験

 

【予約不要。就活生たち限定。なんでも相談会】

JA鳥取西部は5月14日、独自の「就活生限定1日なんでも相談会」を開きました。合同説明会だけでは、アピール不足を懸念し開催。「JAってどんな仕事。給料っていくらなの。」などの素朴な疑問にこたえました。

相談会でPR
独自の相談会でPR

 

【2018年産夏ネギ出荷打ち合わせ会を各地で開催】

JA鳥取西部は、5月14日から2018年産夏ネギ出荷打ち合わせ会を各地で開いています。夏ネギの生産計画や出荷取り扱いなどについて確認し、出荷は6月1日から始まります。

夏ネギ出荷打ち合わせ会の様子
夏ネギ出荷打ち合わせ会の様子

 

【赤ちゃんハイハイレース。会場内は笑い声が響く。】

JA鳥取西部共済部はユウベルプラザグラン米子で5月13日、「親子ふれあい赤ちゃんハイハイレース」をJA共済地域貢献活動とJA自己改革の一環として開催しました。レースは、赤ちゃんの名前を呼びながら持参したおもちゃなどで、ゴールまで誘い、スタート地点から全く動かない子や泣きだす子などや、保護者の真剣な姿に終始笑い声が響いていました。

IMG_9856よーいドンでレーススタート。 IMG_9946お母さんにハイハイで一直線。
赤ちゃんハイハイレースの専用ページは、こちら
赤ちゃんハイハイレース第2回フォトライブラリーは、こちら

 

【米子中央支所の職員ら清掃ボランティアに参加】

JA鳥取西部米子中央支所と本所職員らが5月12日、清掃ボランティア活動「ボランティアロード福原」に参加しました。国道9号線沿道の企業や団体が、春と秋に歩道600メートルのゴミ拾いや草取りを行いました。

歩道の草取りしました
歩道の草取りしました

JA本所前から境港方面のゴミ拾い
JA本所前から境港方面のゴミ拾い

 

【淀江小学校で種まき体験】

米子市立淀江小学校の5年生が5月11日、田植え体験を前に、児童らが植える苗を育てる種まきを行いまいした。協力農家や女性会、JA職員らの指導を受けながら、グループで作業を実施しました。同校では、今月31日に隣接する田んぼで恒例の田植え体験を行う。

丁寧に種もみをまく児童ら
丁寧に種もみをまく児童ら

 

【初夏どりブロッコリー取引協議会】

JA鳥取西部は5月8日、2018年産初夏どりブロッコリー取引協議会を開きました。今年の初夏どりは、天候にも恵まれ順調に生育しています。また、大山ブロッコリー料理研究会が、新作レシピの「大山ブロッコリーのババロア」を出席者に振る舞いました。

初夏どりブロッコリー取引協議会
初夏どりブロッコリー取引協議会

創作レシピをふるまう
創作レシピをふるまう

 

【そよかぜwebニュース】 2018年4月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年3月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年2月のトピックス
【そよかぜwebニュース】 2018年1月のトピックス
  • JAバンクローン
  • 便利なJAネットバンクをご紹介します。
  • JAバンクメールオーダーシステム
おすすめサイト
  • JA自己改革
  • お米の可能性が広がる!無洗米GABA(ギャバ)ライス
  • アスパルせいぶFacebookページ
  • 鳥取県で農業を始めてみませんか?
  • JAバンク鳥取
  • JAグループ鳥取
  • JA直売所へ行こう!JAカードのご利用で5%OFF
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 耕そう、大地と地域のみらい。
  • JA全中 あぐり村
  • JA共済
  • JAバンク
  • 日本農業新聞
このページの先頭へ