新着情報

【そよかぜwebニュース】 2018年3月のトピックス

【南部町と伯耆町の白ネギ若手生産者が集まり設立総会を開催】

JA鳥取西部は3月30日、南部町と伯耆町の30代から60代の白ネギ若手生産者の連携を図る「白葱南伯(しろねぎなんぱく)連合会」を立ち上げ、会長に選任された代表は「生産者が一致団結して高品質の白ネギを安定供給し、産地評価や生産者の所得向上を目指したい」と力強く設立宣言しました。

設立宣言する白葱南伯連合会長
設立宣言する白葱南伯連合会長

県農業農村担い手育成機構理事長が基調講演
県農業農村担い手育成機構理事長が基調講演

 【過去二番目に高い販売額を達成 日南トマト生産部が総会】

JA鳥取西部日南トマト生産部は3月30日、総会を開きました。日南トマトは収量性の高い品種である「りんか409」を導入して3年目。1999年度に次ぐ、過去二番目に高い販売金額となりました。

部会長のあいさつ
部会長のあいさつ

 

【JA鳥取西部ピーマン部会が総会】

JA鳥取西部ピーマン部会は3月27日に総会を開きました。安全・安心なピーマンを生産供給し、産地拡大に向けて新規生産者の勧誘や既存生産者の増反、また有利販売等の取り組みに力を入れます。

ピーマン部会総会の様子
ピーマン部会総会の様子

 

【新嘗祭供御献穀斎田種子引渡式】

3月27日、秋に皇居で開かれる新嘗祭の献穀米種子引渡式が開かれました。式では、コシヒカリ種子と抜穂が前年奉仕者から、今年の奉仕者に引き渡された。

献穀斎田の抜穂を手渡しました
献穀斎田の抜穂を手渡しました

 

【米子・あいみ果実部が総会】

JA鳥取西部米子・あいみ果実部は3月22日、総会を開きました。昨年産の梨・柿は、春先の霜害などの気象災害も少なく、好天に恵まれて順調に生育し大玉傾向と報告しました。

米子・あいみ果実部総会
米子・あいみ果実部総会

 

【飼料用米多収日本一、「ふるさと宮米集落営農組合」が中四国農政局長賞を受賞】

農林水産省などが開催した、平成29年度飼料用米多収日本一コンテスト「単位収量の部」で、南部町の「ふるさと宮米集落営農組合」が中国四国農政局長賞を受賞し3月20日、JA鳥取西部会見支所で表彰式が開かれ、同組合が表彰を受けました。

表彰を受けるふるさと宮米集落営農組合(右)
表彰を受けるふるさと宮米集落営農組合(右)

 

【和子牛販売で高値維持 2年連続7億円を突破】

鳥取西部和牛改良組合は3月19日に総会を開きました。本年度は、全国和子牛せり市場の平均価格トップを目標に改良に努める申し合わせをしました。

総会の様子
総会の様子

 

【春を告げる野菜「春ネギ」の出荷始まる】

2018年産春ネギの出荷が3月13日に始まりました。5月末まで「春ネギ」のブランド名で、京阪神や地元市場に出荷します。春ネギは、出席者らが見守る中、白ネギラッピングトラックに積み込まれ、拍手と笑顔で市場へと出発しました。

春ネギ出発式のテープカット
春ネギ出発式のテープカット

合せて目合わせ会も実施しました
合せて目合わせ会も実施しました

 

【JA鳥取西部大山果実部通常総会】

JA鳥取西部大山果実部は3月12日、第11回通常総会を開きました。今年度、安定生産や適熟品出荷を徹底し、さらなる品質や出荷規制、出荷販売体制の強化などに取り組みます。

総会の様子
総会の様子

 

【メロン部会が総会 農家所得向上を目指す】

JA鳥取西部メロン部会は3月9日、第18回の総会を開催しました。総会では、市場関係者が現場の最前線から見た消費者動向をふまえた産地への要望を伝え、生産者らと意見交換を行いました。

総会の様子
総会の様子

 

【大阪の旅行専門学校生徒が鳥取県を巡る農業体験ツアーで訪れた】

3月7日、トラベルジャーナル学園ホスピタリティツーリズム専門学校大阪の旅行科1年生が、”住みたい田舎№1”の企画として、鳥取県を巡る農業体験ツアーに参加し、JA鳥取西部のきらめきはうすで行った、大山ブロッコリーの料理教室に参加しました。

大山ブロッコリー料理研究会が講師
大山ブロッコリー料理研究会が調理方法を説明

簡単プランターで作るブロッコリー体験
簡単プランターで作るブロッコリー体験

 

【2017年度ブロッコリー部会総代会】

JA鳥取西部は3月8日、2017年度ブロッコリー部会総代会を開きました。総代会では事業報告や事業計画などについて協議し、土作りについての研修会も行いました。

土づくり研修会を合せて開きました
土づくり研修会を合せて開きました

 

【農家所得の向上へ 水田営農に係る意見交換会】

JA鳥取西部は3月5日、水田営農に係る意見交換会を開き、TACの巡回先担い手やJA関係者ら約50人が出席しました。会ではJAの取り組みを説明や報告し、担い手からは様々な意見や要望等をいただきました。

会の様子
会の様子

JAへの意見要望を
JAへの意見要望を

 

【大阪場所で奮闘。阿武松部屋に農産物贈呈】

JA鳥取西部は3月3日、大相撲三月場所に臨む阿武松(おうのまつ)部屋の激励会を、大阪市福島区野田の大果大阪青果株式会社青翔寮で開きました。「きぬむすめ」150㎏や「春ねぎ」30㎏、「大山ブロッコリー」30㎏、「人参」30㎏、「白菜」90㎏を贈呈しました。

阿武松親方に米や農産物を贈呈
阿武松親方に米や農産物を贈呈

 

【アスパル通常総会開催、より地域に密着した直売所目指す】

JA鳥取西部アスパル出荷会員連絡協議会は3月2日、第17回通常総会を開きました。イベントの活性化や少量多品目の販売を目指す申し合わせがありました。

アスパル総会の様子
アスパル総会の様子

 

【鳥取アグリフェスタで担い手支援】

JA グループ鳥取などは倉吉市の倉吉未来中心で3月1日、鳥取県内の担い手支援を目的に「鳥取アグリフェスタ2018」を開きました。フェスタ会場内には、新 しい栽培技術の紹介や農業製品の展示、6次産業化の取り組み支援などたくさんのブースが設けられ、営農相談なども行われた。

説明を受ける生産者
説明を受ける生産者

アグリフェスタ会場の様子
アグリフェスタ会場の様子

 

【スイートコーン部会総会を開催】

JA鳥取西部スイートコーン部会は3月1日、第2回総会を開きました。総会では、基礎GAP(農業生産工程管理)の導入のほか産地ブランドを図る支援事業などを確認しました。

優良生産者の表彰も
優良生産者の表彰も

研修会の様子
研修会の様子

 

【JA鳥取西部大山和牛部が総会】

JA鳥取西部大山和牛部は3月1日、2018年度総会を開きました。事業報告や事業計画について確認し、活発な議論が行われました。

優席表彰を行いました
優席表彰を行いました

総会の様子
総会の様子
  • JAバンクローン
  • 便利なJAネットバンクをご紹介します。
  • JAバンクメールオーダーシステム
おすすめサイト
  • JA自己改革
  • お米の可能性が広がる!無洗米GABA(ギャバ)ライス
  • アスパルせいぶFacebookページ
  • 鳥取県で農業を始めてみませんか?
  • JAバンク鳥取
  • JAグループ鳥取
  • JA直売所へ行こう!JAカードのご利用で5%OFF
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 耕そう、大地と地域のみらい。
  • JA全中 あぐり村
  • JA共済
  • JAバンク
  • 日本農業新聞
このページの先頭へ