新着情報

【そよかぜwebニュース】 8月のトピックス

【「特産物加工・産地交流会館」建設工事の起工式を執り行う】

JA鳥取西部は8月29日、「特産物加工・産地交流会館(女性会館)」建設工事の起工式を執り行いました。会館では特産物の加工や新規メニューの開発などを行い、産地交流の拠点として、女性会の組織的な活動の活性化を図る目的にしています。

鍬入れの儀を行う組合長
鍬入れの儀を行う組合長

玉串奉奠し安全を祈願しました
玉串奉奠し安全を祈願しました

 

【野菜の日を前に地元野菜を試食PR】

JA鳥取西部とJA全農とっとりは26日、日吉津村の農産物超売所ふれあい村アスパルで、「やさいの日」PRイベントを開いた。アスパルで、JA白ねぎ部会料理研究会と鳥取県畜産農協アスパル店が地元野菜を使った料理の試食とレシピを提供しました。

試食に白ネギの天ぷらをふるまいました
試食に白ネギの天ぷらをふるまいました

たくさんの試食と来店者に、野菜の日PR資材を配布
たくさんの試食と来店者に、野菜の日PR資材を配布

 

【秋の味覚 二十世紀梨と新甘泉の出荷がスタート】

JA鳥取西部の米子あいみ果実選果場と大山果実選果場で、梨の出荷が本格的に始まりました。今年は春先以降の好天に恵まれ、玉太り、糖度ともに良く、甘くてみずみずしい梨に仕上がっています。

大山果実選果場で始まった「二十世紀梨」
大山果実選果場で始まった「二十世紀梨」

米子果実選果場で始まった「新甘泉」
米子あいみ果実選果場で始まった「新甘泉」

 

【玉ねぎ部会が総会「大山甘玉」PRで有利販売へ】

JA鳥取西部玉ねぎ部会は米子市で8月22日、総会を開きました。事業報告や度事業計画などについて承認を行い、次年度は、生食での甘さが売りの「大山甘玉」を消費宣伝によりPRし、有利販売に努めます。

玉ねぎ総会の様子
玉ねぎ総会の様子

 

【米子弓浜支所農業祭】

JA鳥取西部米子弓浜支所は、弓浜特産事業所で8月19日、第10回JA農業祭を開きました。農業祭は「地域の輪つながる先に弓浜農業」にテーマを一新し、地域の方と交流を深めました。地元女性会の「白ねぎ音頭」や園児、高校生による踊りや演奏などが披露され、会場からは大きな拍手が送られていました。

オープニングで白ねぎ音頭を披露する女性会
オープニングで白ねぎ音頭を披露する女性会

米子西校生がダンスで魅了
米子西校生がダンスで魅了

 

【会見が栄冠 JA共済むてきカップ鳥取県大会】

JA共済連鳥取県本部は8月19日と20日、「第6回JA共済むてきカップ学童軟式野球鳥取県大会」を開きました。大会には東、中、西部の各JA管内の予選を勝ち抜いた8チームが参加。選手たちは、はつらつとしたプレーで好試合を繰り広げ、序盤からチャンスを着実に得点に結び付けた会見スポーツ少年団が、優勝の栄冠に輝きました。

ナイスバッティングの球児
ナイスバッティングの球児

優勝した会見スポ少
優勝した会見スポ少

 

【全共、伯耆町の県代表選手らが町長を表敬訪問】

9月に仙台市で開かれる全国和牛能力共進会(全共)宮城大会に出場を決めた、県代表牛を飼う伯耆町の生産者6名が8月18日、伯耆長を表敬訪問し上位入賞を目指す決意を示しました。

飛躍を誓う宮﨑選手団長
飛躍を誓う宮﨑選手団長

町長と選手団ら
町長と選手団ら

 

【畜魂祭で家畜の生命に感謝し畜産振興を誓う】

JA鳥取西部は大山寺で18日、家畜の生命を頂いていることに感謝し、その魂を慰める畜魂祭を開き、多くの家畜を弔うとともに今後の畜産振興を願いました。大山寺所内の畜魂碑や祭壇の前には白菜や大根などが奉られ、厳かに法要が執り行われました。

家畜の御霊に感謝し祭文を述べる組合長
家畜の御霊に感謝し祭文を述べる組合長

畜魂碑や祭壇の前に野菜を奉る
畜魂碑や祭壇の前に野菜を奉る

 

【支所職員や支所女性会、江尾十七夜で絆を深める】

JA鳥取西部江府支所職員と女性会江府支部は17日、「江尾十七夜」に参加し、交流を深めました。JA職員らは、おそろいの浴衣に身を包み、息の合った踊りを披露しました。

息のあった踊りを披露するJA職員
息のあった踊りを披露するJA職員

大輪の花咲かす、盆踊りの様子
大輪の花咲かす、盆踊りの様子

 

【米子果実選果場で「なつひめ」の選果がスタート】

JA鳥取西部米子果実選果場で8月17日、「なつひめ」の選果がスタートしました。「なつひめ」は、高糖度で酸味が少なく、シャリシャリした食感が特徴の鳥取県オリジナルブランドの青梨です。

順調に始まった「なつひめ」の選果
順調に始まった「なつひめ」の選果

 

【服装自由期間で浴衣姿の職員が窓口対応】

JA鳥取西部岸本支所は15日、信用担当職員が涼しげな浴衣姿で窓口業務などを行いました。訪れた組合員や利用者の方からは季節を感じる浴衣の対応に好評を得ていました。

浴衣で来店客にさわやかな笑顔と一緒に窓口対応するJA職員
浴衣で来店客にさわやかな笑顔と一緒に窓口対応するJA職員

 

【盆花市大盛況】

JA鳥取西部の農産物直売所「ふれあい村アスパル」は8月11日、盆花市を開きました。市にはアスターやユリ、ケイトウなどの切り花がずらりと並び、お手頃な価格での限定販売で朝7時の盆花市開始と同時に大勢の来店客で賑わいました。

アスパルのFacebookはこちら https://www.facebook.com/asuparuseibu

多くの来店客で賑わう盆花市
多くの来店客で賑わう盆花市

たくさんの方にご来店いただきました
たくさんの方にご来店いただきました

 

【畜産クラスター協議会が代表者総会】

JA鳥取西部は8月8日、「JA鳥取西部畜産クラスター協議会」の代表者総会を開き、事業報告や収支決算の承認や事業計画、収支予算案などの協議を行いました。

協議会総会の様子
協議会総会の様子

 

【日南トマト人気上々。JA鳥取西部みのりみのるマルシェに初出店】

JA鳥取西部は8月5日と6日、大阪市北区のJR大阪駅ノースビルディング・アトリウム広場で、日南トマトをメインに白ネギ、ピーマンなどの旬の野菜や加工品などを販売するマルシェに初出店しました。

日南トマトを紹介するTAC担当
日南トマトを紹介するTAC担当

新鮮野菜を前に賑わうマルシェ
新鮮野菜を前に賑わうマルシェ

 

【大山寺で全共鳥取県出品者激励会】

第11回全国和牛能力共進会鳥取県推進委員会は9日、大山寺本堂で、出品牛の安全祈祷などの激励会を執り行った。鳥取県の県旗や、ゆたん(牛衣)、とうらく(頭絡)、御札の授与を行いました。

住職らの読経のなか安全祈願する参列者

全共出品関係者らに激励する平井知事

団長に県旗を手渡す平井県知事
団長に県旗を手渡す平井県知事

 

【全共、鳥取県西部選手団が県とJAを表敬訪問】

9月に仙台市で開く全国和牛能力共進会(全共)宮城大会に出場を決めた、県代表牛を飼う生産者11名が8日、鳥取県西部総合事務所と、JAを表敬訪問し、上位入賞を目指す決意を示した。

所長と鳥取県西部選手団ら
所長と鳥取県西部選手団ら

JAで飛躍を誓う選手団ら
JAで飛躍を誓う選手団ら

 

【おしゃれに見せる「ベジタブル・フルーツカッティング教室」】

JA鳥取西部日南支所は道の駅「日野川の郷」で8月5日、「ベジタブル・フルーツカッティング教室」を開きました。教室では、講師を務める日本初のベジフルカッティングプロフェッショナルで野菜ソムリエプロの大熊さんから、ちょっとした工夫でフルーツや野菜をおしゃれに見せるカッティング技法や盛り付け方法などを学びました。

デモンストレーションを披露する大熊さん
デモンストレーションを披露する大熊さん

カッティングを実践する参加者
カッティングを実践する参加者

 

【親子でトマト、白ネギ収穫&お好み焼き教室】

JA鳥取西部は日南町で8月5日、オタフクソース㈱、㈱フーズマーケットHOKと協力し、「親子でトマト、白ネギ収穫体験&お好み焼き教室」を開きました。トマトや白ネギの収穫体験や白ネギを使ったお好み焼き作りにも挑戦しました。

「ねぎおこ」でお好み焼きを作る参加者
「ねぎおこ」でお好み焼きを作る参加者

出来上がったお好み焼きをおいしくいただきました
出来上がったお好み焼きをおいしくいただきました

 

【ハウス二十世紀の選果がスタート】

JA鳥取西部では米子果実選果場で8月3日、大山梨選果場で8月4日からハウス二十世紀の選果がスタートしました。選果場では、色、形、傷、糖度などをチェックし、等階級ごとに箱詰めし、県内外に出荷します。

ハウス20世紀梨の選果作業
ハウス20世紀梨の選果作業

 

【夏の涼をお届けします!服装自由期間で浴衣姿の職員が窓口対応】

JA鳥取西部日野支所は2日、職員が涼しげな浴衣姿で窓口業務などを行い、訪れた組合員や利用者からは「とても華やかで夏らしく涼しそうな感じが良い」などの声が聞かれました。

窓口に訪れた来店客に浴衣姿で対応するJA職員
窓口に訪れた来店客に浴衣姿で対応するJA職員

笑顔で接客のJA職員
笑顔で接客のJA職員

 

【小学校に食農学習誌「ちゃぐりん」を寄贈】

JA鳥取西部大山口支所は大山西小学校で8月2日、JAグループの月刊食農学習誌「ちゃぐりん」の寄贈式を行いました。JAでは、次世代を担う子供たちへ食と農の大切さを学んでもらう教育文化活動の一環として、JA管内の全46の小学校へ「ちゃぐりん」の寄贈を行っています。

支所長(右)から校長へちゃぐりんを手渡し
支所長(右)から校長へちゃぐりんを手渡し

 

【ふれあい村アスパル 大抽選会を実施】

8月2日、農産物直売所ふれあい村アスパルは、JA鳥取西部貯金残高2000億円突破を記念した大抽選会を実施しており、応募総数約1300の中から、35名の当選者を選びました。

1枚1枚抽選箱から引きました
1枚1枚抽選箱から引きました

厳正なる抽選。ご当選おめでとうございます
厳正なる抽選。ご当選おめでとうございます

 

【農業用マルチコプター(ドローン)農薬実演会】

JA鳥取西部農機自動車部は7月31日、大山町末吉の水田でドローンの農薬散布実演会を開催ました。実演会では、「DJI AGRAS MG-1」の飛行の様子を見ながら、さまざまな質問をしたり、ドローンの性能を確認しました。

農薬散布するドローン
農薬散布するドローン

実演会で飛行性能などを確認
実演会で飛行性能などを確認
  • JAバンクローン
  • JAバンクメールオーダーシステム
おすすめサイト
  • JA自己改革
  • お米の可能性が広がる!無洗米GABA(ギャバ)ライス
  • アスパルせいぶFacebookページ
  • 鳥取県で農業を始めてみませんか?
  • JAバンク鳥取
  • JAグループ鳥取
  • JA直売所へ行こう!JAカードのご利用で5%OFF
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 耕そう、大地と地域のみらい。
  • JA全中 あぐり村
  • JA共済
  • JAバンク
  • 日本農業新聞
このページの先頭へ