新着情報

【そよかぜwebニュース】 7月のトピックス

【クリニックの縁日でキャラクター風船配布。JA共済PR】

JA鳥取西部は22日、米子こどもクリニックで開かれた縁日に初めて参加し、JA共済をPRしました。キャラクターグッズや風船を無料配布し、親子づれが行列になっていました。

子どもに風船わたす担当者
子どもに風船わたす担当者

大賑わいの共済ブース前
大賑わいの共済ブース前

 

【6次産業化促進 味力まつりを開催】

食のみやこ鳥取県「味力まつり実行委員会」は、7月19~24日の6日間、米子しんまち天満屋で「夏の味力(みりょく)まつり」を開きました。23日には、大山ブロッコリーのゆるキャラ「ロッコ」と「リーブ」が登場し大山ブロッコリーを紹介や、ジャンケン大会も行いました。

クイズを出題する担当者
クイズを出題する担当者

ロッコ、リーブとのジャンケン大会
ロッコ、リーブとのジャンケン大会

 

【名和大山口支所ブロッコリー部合同生産者大会】

7月21日、名和大山口支所ブロッコリー部合同生産者大会を開きました。昨年度販売実績の報告や今年度の生産販売計画を確認し、「ブロッコリー栽培のポイント」について研修会を行いました。

栽培講習会も行いました

生産者大会の様子
生産者大会の様子

 

【日南トマトの出荷が本格化 出発式を開く】

日南トマト選果場で7月19日、これから本格的なシーズンを迎える日南トマトの出発式を行いました。テープカットやトマトジュースでの乾杯を行い、選果作業を終えた日南トマトがトラックに積み込まれ、市場へ向けて出発しました。

テープカットの様子
テープカットの様子

目合わせを行い、出荷規格を確認
目合わせを行い、出荷規格を確認

 

【農機サマードリーム盛大に開催】

15日と16日の両日、「黄金の農機サマードリーム2017」を開きました。各農機メーカーのトラクターやコンバイン、管理機など新型農業機械および自動車などが展示され、来場者らは目当ての機種や最新モデルに触れながら性能を確認していました。

来場者にはフルーツ食べ放題でおもてなし
来場者にはフルーツ食べ放題でおもてなし

展示品の農業機械の性能を確認する来場者
展示品の農業機械の性能を確認する来場者

 

【第6回JA共済むてきカップ西部地区予選】

JA鳥取西部は伯耆町で7月15日と16日の両日、「第6回JA鳥取西部杯学童軟式野球大会(JA共済むてきカップ)鳥取県西部地区予選」を開きました。大会には同JA管内から12チームが参加し、選手たちは、はつらつとした元気なプレーで好試合を繰り広げました。

ナイスバッティングの球児
ナイスバッティングの球児

観客をわかす交錯プレー
観客をわかす交錯プレー

 

【グランドチャンピオンに「ゆみみつ」 第19回西部畜産共進会】

JA鳥取西部は鳥取県中央家畜市場で7月14日、「第19回西部畜産共進会(和種種牛の部)」を開きました。審査員による厳正な審査の結果、第3区(若雌牛の部)優等首席の「ゆみみつ」がグランドチャンピオンに輝きました。

審査の様子
審査の様子

グランドチャンピオンに輝いた「ゆみみつ」
グランドチャンピオンに輝いた「ゆみみつ」

 

【スタント実演 自転車交通安全教室】

JA鳥取西部とJA共済連鳥取は境港総合技術高等学校で11日、自転車交通安全教室を開きました。スタントマンが2人乗りや携帯電話を操作しながら運転するなどの危険な自転車走行で発生する交通事故の場面を再現し、交通ルールを守ることの大切さを呼び掛けました。

スタントマンによる交通事故の再現
スタントマンによる交通事故の再現

自転車走行で発生する交通事故再現
自転車走行で発生する交通事故再現

 

【夏秋ピーマン出荷打ち合わせ会で目合わせ】

JA鳥取西部ピーマン部会は12日、夏秋ピーマンの出荷打ち合わせ会を開きました。8月の需要低迷期には、ピーマンをスタンドパックに入れてデザイン性を向上させ、付加価値を付けて販売し、価格の維持と産地商材としての定着を図ります。

ピーマンの目合わせの様子
ピーマンの目合わせの様子

規格を確認しました
規格を確認しました

 

【新品種生産拡大へ 梨・柿出荷販売10億円を目指す!】

JA鳥取西部は11日、果実出荷販売協議会を開きました。会では、梨や柿の生育状況、市場情勢などを報告し、市場関係者の意見交換も行いました。

会議の様子
会議の様子

意見交換会の様子
意見交換会の様子

 

【アスパル恒例の朝顔市を開く】

JA鳥取西部農産物直売所ふれあい村アスパルで8日、恒例の「朝顔市」を開きました。店先のイベント広場に、アスパル会員の飲食店なども軒を連ね、特設コーナーでは、赤や青、紫、白など色鮮やかな蕾を付けた朝顔の鉢がずらりと並べていました。

興味のある来店者に朝顔の説明
興味のある来店者に朝顔の説明

朝顔を見て楽しむ来店者ら
朝顔を見て楽しむ来店者ら

 

【大山メロンとスイートコーン出荷終盤を迎える】

JA鳥取西部管内では「アムスメロン」と「タカミメロン」の出荷が終盤を迎えています。今年は寒暖差があり、糖度も高くおいしいメロンに仕上がっています。また、スイートコーンの出荷も最盛期を迎えています。

集荷場に持ち込まれたメロン
集荷場に持ち込まれたメロン

規格を確認する検査員
スイートコーンの規格を確認する検査員

 

【宮城全共まで残り60日、必勝に向けて決起大会】

第11回全国和牛能力共進会鳥取西部農協出品対策協議会は7日、決起大会を開きました。宮城全共まで60日を切り、全共での必勝と鳥取和牛のPRに、一丸となって出品対策に取り組むことを確認しました。

必勝を誓いガンバロー三唱
必勝を誓いガンバロー三唱

出品牛飼育者や肉牛区の候補者の皆さん
出品牛飼育者や肉牛区の候補者の皆さん

 

【煌びやかな輝きで来場者を魅了「2017麗宝展」】

JA鳥取西部は7月7日から9日の3日間、米子コンベンションセンター国際会議室で「2017麗宝展inJA鳥取西部」を開催しました。大好評企画であるジュエリーメンテナンスのコーナーでは、新品仕上げやサイズ直し、修理などを多くの方が無料で利用していました。

大好評の磨きやサイズ直し
大好評の磨きやサイズ直し

宝石に魅了される来場者
宝石に魅了される来場者

 

【秋冬ニンジン栽培講習会】

JA鳥取西部は6日、2017年産秋冬ニンジンの栽培講習会を開きました。17年産の秋冬ニンジンは現在の主力品種である「ベーター312」の種が不足していることから新たな品種の「愛紅」を一部取り入れていく。

品種追加の説明する担当者
品種追加の説明する担当者

研修会の様子
研修会の様子

 

【地元の中学生が白ネギ共同選果場で職場体験】

弓ヶ浜中学校の2年生の男子生徒3人が4~7日の4日間、JA鳥取西部白ネギ共同選果場で職場体験を行っています。生徒たちは同JA職員の指導のもと規格別に箱詰めされた白ネギの箱にカラーガムテープで封をする作業などに取り組んでいました。

カラーガムテープで封をする作業に取り組む生徒
カラーガムテープで封をする作業に取り組む生徒

職場体験の様子
職場体験の様子

 

【日南トマト生産部が出荷会議】

JA鳥取西部日南トマト生産部は4日、日南トマトの出荷会議を開きました。今年の販売計画や出荷取扱などを確認しました。日南トマトは12日から選果がスタートし、19日には出発式が予定されています。

出荷会議の様子
出荷会議の様子

取り扱いを説明する担当
取り扱いを説明する担当

 

【米子地域水田農業推進協議会総会を開く】

米子地域水田農業推進協議会は3日、総会を開きました。協議会長は「米の直接支払交付金と国からの生産目標数量配分は廃止になるが、最大限水田を活用していくことは重要。協議会が中心になり、米価維持のため平成30年産以降も、需要に応じた米の生産に取り組む」と話しました。

総会の様子
総会の様子

挨拶する協議会長
挨拶する協議会長

 

  • JAバンクローン
  • JAバンクメールオーダーシステム
おすすめサイト
  • お米の可能性が広がる!無洗米GABA(ギャバ)ライス
  • アスパルせいぶFacebookページ
  • 鳥取県で農業を始めてみませんか?
  • JAバンク鳥取
  • JAグループ鳥取
  • JA直売所へ行こう!JAカードのご利用で5%OFF
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 耕そう、大地と地域のみらい。
  • JA全中 あぐり村
  • JA共済
  • JAバンク
  • 日本農業新聞
このページの先頭へ