大山営農センター 高見さん

作業ロスを減らして、高品質なブロッコリーを作りたい

大山営農センター 高見さん

平成29年2月に就農

 大学を卒業して山梨県で働いていましたが、鳥取県に帰って来てからは2年間、小学校の教員をしていました。しかし、山梨にいる時に無農薬野菜の種を販売する仕事をしていたことがあり、自分で野菜を育ててみたいと思うようになりました。平成28年2月から担い手育成機構のアグリスタート研修を受けて、大山町の農業法人でブロッコリー栽培を学びました。翌29年2月に就農し、年間で3.5ヘクタール栽培しています。

作業が後手になってしまった

 実際に1人でやってみて、改めて大変さを実感しました。出来ると思って組んだ予定がなかなか思うように進まず、作業がどんどん後手になってしまいました。その結果、病気も出て、せっかく植えたブロッコリーが収穫できなくなりすごく悔しかったです。就農して1年になりますが、今でもわからないところは、研修でお世話になった法人の親方に聞きながらやっています。丁寧に教えていただき、本当にありがたく思います。

家族の幸せを一番に

 まずは、作業のロスを減らして段取り良く、高品質なブロッコリーを作れるようになることが目標です。

 農業を始めたことで家族と過ごす時間が増えました。妻ともうすぐ2歳になる息子がいますが、3食みんなで一緒にご飯を食べられて、とても良い環境だなと思います。こんな時間が持てるのも農業の魅力の一つです。家族の幸せを一番に考えながら、これからもブロッコリー作りを頑張っていきたいと思います。

このページの先頭へ
  • JAバンクローン
  • JAバンクメールオーダーシステム
おすすめサイト
  • JA自己改革
  • お米の可能性が広がる!無洗米GABA(ギャバ)ライス
  • アスパルせいぶFacebookページ
  • 鳥取県で農業を始めてみませんか?
  • JAバンク鳥取
  • JAグループ鳥取
  • JA直売所へ行こう!JAカードのご利用で5%OFF
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 耕そう、大地と地域のみらい。
  • JA全中 あぐり村
  • JA共済
  • JAバンク
  • 日本農業新聞
このページの先頭へ