日野営農センター 藤澤さん

「おいしい」と言ってもらえることが一番の喜び

日野営農センター 藤澤さん

ずっと農業をやりたかった

 長年サラリーマンをしてきましたが、ずっと農業をやってみたいという気持ちがあり、早期退職をして平成22年に就農しました。現在は、原木しいたけ、水稲、ピーマンをメインに栽培しています。しいたけは、日本きのこセンターで研修し、他の生産者が作っているところを見学させてもらったりして栽培について学んできました。

木を倒して運ぶ作業は大変

 植菌をする原木を山に行って切り倒し、ハウスへ運ぶ作業はとても危険で大変です。そこで、平成27年に人工ほだ場を平地に作りました。通常は、倒した木を持ち帰り、乾燥させて植菌し、また山へ運んで栽培しますが、この人工ほだ場なら山の中と同じような環境を作り出せるので、木を運ぶ手間が省けます。また、平地のほうが、生育が早いので出始めの高単価で販売することもできます。県内では、まだ取り入れている生産者がほとんどいないので不安はありましたが、量も採れて手ごたえを感じています。

品質にこだわって良いものを作りたい

 現在は、ピーマンの収穫時期でもあり毎日忙しくしていますが、食べてくれた人から「おいしい」と言ってもらえることが一番の喜びです。妻と2人で作業を行っているのでなかなか規模を拡大することはできませんが、その分、品質にこだわって良いものを作っていきたいと思います。

このページの先頭へ
  • JAバンクローン
  • JAバンクメールオーダーシステム
おすすめサイト
  • JA自己改革
  • お米の可能性が広がる!無洗米GABA(ギャバ)ライス
  • アスパルせいぶFacebookページ
  • 鳥取県で農業を始めてみませんか?
  • JAバンク鳥取
  • JAグループ鳥取
  • JA直売所へ行こう!JAカードのご利用で5%OFF
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 耕そう、大地と地域のみらい。
  • JA全中 あぐり村
  • JA共済
  • JAバンク
  • 日本農業新聞
このページの先頭へ