農と食のいい関係

JAのこれからの役割と取組

代表理事組合長 谷本晴美

 JAをとりまく環境は依然として厳しさを増しています。具体的にいえば、グローバル化の進行、他の業種との競合激化、組合員の世代交代、農業従事者の高齢化など、多くの課題が山積しています。しかし、時代や環境がどんなに変わっても、JAは、相互扶助の精神のもとに組合員の営農と生活を守り高め、よりよい社会を築くことを目的に組織された協同組合であります。また、食の安全・安心が求められる時代にあって、食を生産・提供する組織として、JAの必要性が高まっていると思います。したがって、先輩諸氏が多くの時間と苦労を重ねて誕生した組合を維持することはもとより、「食を通じて未来を育てる」という大きなスローガンのもと、次のような取り組みを進めてまいります。

  1. 地域の特性を活かした農業づくり
     農業者の高齢化・世代交代が進むなか、今後の農業生産や農村の維持、消費者への食の安定供給などを持続させるため、「地域農業振興計画」を策定し、地域の特性を活かした農業生産の拡大、農業所得の向上に取り組みます。

  2. 豊かで暮らしやすい地域社会の実現
     総合事業・食育・組織活動などを通じて、地域のライフラインの一翼を担い、協同の力で豊かで暮らしやすい地域社会の実現に貢献します。

  3. 組織・経営基盤の強化
     組合員の後継者など幅広い層への組合員加入促進、地域に密着したJAらしい事業展開、教育文化活動や広報活動の充実による協同組合の理念・役割などJA理解への醸成、職員の意識改革と人材育成など、「次代へつなぐ協同」をテーマに組織・経営基盤の強化に取り組みます。

 このような取り組みを通じて、JA鳥取西部は農業と地域社会に根ざした組織として、農業はもちろん、食や緑、さらには環境・文化・組織活動を実践し、地域社会とともに、未来に向かって歩み続ける存在であり続けたいと願ってやみません。

このページの先頭へ
  • JAで新たに給与受取口座を指定すれば松下奈緒さんのQUOカード5,000円分プレゼント
  • JAバンクローン
  • JAバンクメールオーダーシステム
おすすめサイト
  • そよかぜニュース
  • まちなかアスパルFacebookページ
  • アスパルせいぶFacebookページ
  • 鳥取県で農業を始めてみませんか?
  • JAバンク鳥取
  • JAグループ鳥取
  • JA直売所へ行こう!JAカードのご利用で5%OFF
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 耕そう、大地と地域のみらい。
  • JA全中 あぐり村
  • JA共済
  • JAバンク
  • 日本農業新聞
このページの先頭へ